【プロジェクト事例】某銀行向け口座開設アプリ開発プロジェクトのPMO

こちらの記事は、私が支援をさせていただいた方が、転職後どのように働いていらっしゃるかを、実際のプロジェクトの一日を例にまとめたものです。
今回は、コンサルティングファームへ転職をされ、金融業界の領域において活躍されている方の業務内容をインタビューしました。
実際の1日を少しでも想像いただけたら幸いです。

また以下の記事も併せてお読みいただければ、よりコンサルティングファームやコンサルタントの全体像についてご理解いただけるかもしれません。

シニアコンサルタント(30代前半)

経歴

大学卒業後、SIerとしてシステム構築(案件収支管理・販売管理・財務会計・管理会計)を行うことからキャリアをスタート。
クライアントは案件型のビジネスを行うシステム受託開発業・映像制作業などが中心。
商談支援から要件定義、設計、開発、稼働支援、稼働後の保守・提案の全ての工程を経験し、組織長としてチームの受注・売上目標のマネジメントも経験。

プロジェクト背景

業務の非対面化を推進するためのシステム構築プロジェクトを受託した事業会社がクライアント。
プロジェクト自体が無理なスケジュールで進行していたため、案件は炎上間近という状況であった。
また自社メンバーのマネジメントにも課題があり、タスクの大幅遅延や、開発ベンダーのコントロール不足などの問題が生じていた。
このような状況の中、プロジェクトの正常化をすべくPMOとして参画の依頼を受けた。

プロジェクト内容

重要課題としてプロジェクトメンバーの期限へのコミットメント意識不足の改善が求められた。
プロジェクトに参画してみると各担当の意識ではなく、タスク管理におけるコミュニケーションに課題があることがわかった。

本プロジェクトでは、以下のアプローチで推進した。
・実現性のあるスケジュールを再計画し得意先と交渉
・タスク管理のドキュメントをバイネームで管理する
・会議の最後にToDoを確認し直接メンバーへコンセンサスを取りながら作業依頼を行う

また、指示だけではメンバーも動かないと考えたため、得意先とのスケジュール交渉などを積極的に行うことでメンバーのために動く姿勢を見せ、プロジェクトの士気を落とさないように配慮した。
この結果、タスクの遅延が解消し、オンスケジュールに立て直すことができ、得意先との関係も改善された。

実際の1日の過ごし方

9:20 出社

在宅がほとんどである。得意先との打ち合わせなどがある場合はクライアントのオフィスに出社する。
現在のクライアントでは10時ぐらいまでに出社すれば良いので朝をゆっくり過ごせる。

9:30 進捗チェック

クライアント・開発ベンダー・得意先のToDo状況を確認し、期限切れのものがあればリマインド。
また、その週で完了すべきタスクの状況や進捗の阻害要因をメンバーから吸い上げ、新たな課題を検知する。

10:30 スケジュール調整

進捗をチェックしたのち、アサインの見直しやスケジュールの変更を行う。
得意先と交渉が必要な事項があれば、PMと相談し交渉の段取りをすり合わせる。

11:30 ミーティング準備

午後にクライアント内での定例のミーティングがある為、進捗の報告資料や課題・リスクの一覧をまとめる。
吸い上げた課題に対する対策案をまとめMTGで協議するための資料を作成したりもする。

12:00 昼食

クライアント先の社内食堂で昼食をとる。
食事はすぐ済ませて本を読む時間にしている。

13:00 クライアントとのミーティング

クライアントのプロジェクトメンバーと課題や進捗の共有を行う。
必要あれば課題の提起と対策案を提示し、対応方針を協議の上決定する。
開発ベンダー及び得意先への依頼・交渉すべき事項などを吸い上げる。
ほとんどの場合、Web会議での実施。

14:00 ステアリングコミッティ資料の作成

得意先とのステアリングコミッティに向けた会議資料の作成を行う。
開発中のシステムにおける品質のモニタリング結果やまとめた課題・リスクなどを元に報告資料を作成する。 17:00 開発ベンダーとのミーティング

開発ベンダーとの進捗と課題の確認を行う。

18:30 退社

翌日のスケジュールを確認し退社。

終わりに

今回ご紹介させて頂いた方は、前職でも高い評価を受け、若くして組織のリーダーにまでなった方ですが、自社製品ありきの提案にとどまらず、フラットな提案をしてきたいという理由で転職活動を始められました。
また、ITの経験も活かしながら、業務や戦略領域へと広げていくキャリアの選択肢をとるために転職というご決断をされました。

地頭の良さと高い目標を掲げながら持ちながら日々のプロジェクトに取り組み、現在は業務領域の案件に従事しています。

そのような方々に伴走出来るよう、私自身も高めていき、志を持った方々の支援をしていきたいと考えております。
今後もエージェントとして一人でも多くの方とお会いできることを楽しみにしております。

最新のコメント

表示できるコメントはありません。